神奈川小田原のイルミネーション施工・工事のことなら「【JIC】神奈川小田原イルミネーション施工ドットコム(どっと混む)」
神奈川のイルミネーション施工会社・工事業者、企画デザインから設置・取付・撤去まで イルミネーションを使った装飾・デザインなど、皆さんの企画を弊社が支援致します。【関東・神奈川・小田原】

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

イルミネーションとは...
建造物などを装飾することによって夜間の風景を作り出し、華やかさや煌びやかさを演出します。 起源は16世紀に宗教革命で知られているドイツのマルティン・ルターが、夜、森の中で煌く星を見て感動し、木の枝に沢山のろうそくを飾り、その景色を再現しようとした事とされています。
イルミネーションはどのようなものか イルミネーションとは電飾とも呼ばれ、電球や光ケーブル、発光ダイオードなどを用いて風景や電飾看板などを形どるものです。街路樹に施し街全体を装飾したり、商業ビルや飲食街などで電飾看板として用いられるもの、またクリスマスの時期にはクリスマスイベントの販促として用いられます。 イルミネーションが多くみられるのは、公共施設である街路樹を用いたイルミネーションや消費者に向け企業が掲げる電飾看板です。特に、クリスマスに近づく時期から、販促とイメージ強化の為、街はイルミネーションで溢れます。様々な形態や色彩のイルミネーションが街路樹に施され、多くの店舗がイルミネーションを用い販促効果を上げようとします。最近では、企業が掲げる電飾看板も良く見られるようになりました。電飾看板は電飾を用いない看板に比べ、人の視覚の焦点化に優れ発信される情報に目を向けさせやすくなります。また、飲食街などでは電飾の発効効果を利用して、その地域全体の雰囲気づくりにも役立てられています。昨今ではイルミネーションサイネージと言って、イルミネーション分野の中でも電子看板のカテゴリ分類されて確立されるほどになりました。 これまで電気消費が多く、球切れが頻繁であるというコスト高のデメリットからイルミネーションを個人や一般家庭で楽しむということは少なかったのですが、技術開発において特に発光ダイオードは安価になり、それまでのデメリットを改善してきています。そのため、最近では家庭用のイルミネーションもたくさん販売されており、クリスマスシーズンには個人住宅でも家の周りをイルミネーションで飾ったり、シーズン以外でも屋内のインテリアとしてイルミネーションを使用する一般消費者も増えています。
日本では、クリスマスツリーなどで広く見られるほか、人が集まる場所、ホテル、商施設、観光名所などで大規模に展開されています。また、個人家においてもクリスマスシーズに向けて、家の周りをきれいな電飾で飾り、楽しむ人が増えてきています。
イルミネーションの起源 イルミネーションの起源は諸説あるそうですが、いずれもドイツのようです。一説によると、イルミネーションの起源はまだ電気のない16世紀にさかのぼり、宗教改革で知られるドイツのマルティン・ルターがクリスマス・イヴのミサの帰りに森の常緑樹の中に美しく輝く夜空の星を見て感動し、それを子供たちに伝えるためにモミの木の周りにロウソクを飾ってその景色を再現しようとしたのが、イルミネーションの始まりと言われ、そしてそれを描いた絵画によって普及したとも言われています。しかし木の周りにロウソクを飾るのは火災が起きて大変危険なため、時代とともに電飾にかわってきたそうです。ルターの時代から100年後の17世紀初期、ドイツでクリスマスツリーの風習が定着し、同じく17世紀の中期にツリーにろうそくを飾り始めました。1746年、アメリカにクリスマスツリーを伝えたのもドイツからの移民です。そのツリーに最初に電気の灯りを飾ったのは、アメリカの発明王・エジソンの共同経営者だったジョンソンという人物でした。 こうしてイルミネーションの明かりは、ロウソクから電飾に移り変わっていきました。また、イルミネーションの起源はルターではなく、あるきこりによるという説もあります。またある一説では、ルター以前に、永遠の生命を象徴する常緑樹に、ロウソクだけでなくいろいろなオーナメントを吊るし、木にやどる精霊に自らを守ってもらうことを祈りながら、その周りを歌い踊る習慣があったとも言われています。現在でも、ドイツのフランクフルトやニュールンベルグなどではクリスマスマーケットの光を中心にとても賑やか。日本におけるイルミネーションの普及は、明治時代に舶来品を扱う明治屋が銀座に進出したことがきっかけとされています。年々派手になるイルミネーションに多くの人々が訪れ、1905年(明治38年)の新聞には「例年になくイルミネーションが花やか」との記事が見られます。当時、光源には豆電球やムギ球が用いられたそうです。


イルミネーションの目的 クリスマスが近づいてくると、各地でイルミネーションが輝きだします。クリスマスはご存じの通りイエスの生誕祭。クリスマスイルミネーションはイエスの誕生を祝う聖なる灯りなのです。クリスマスに輝くイルミネーションの光はイエスの世を照らす光、世界中の人々に宿る心の光、太陽の輝きを 表しています。クリスマスキャンドルにも同じ意味があり、教会や仏閣などの神聖な場所には、暗闇を照らし魔を祓う神聖な炎として必ずロウソクを灯します。中国でも旧正月に魔を祓うために爆竹を鳴らしたり、日本でもロウソクを灯す場所は神聖な場所ですよね。そして、もともとはロウソクを使っていたのが、火災の危険性のために電飾をかざるようになったといいます。(クリスマスの起源参照) もともとは宗教的な意味を持っているイルミネーションですが、現在は集客のために各地で大規模なイルミネーションが行われています。もともと日本にも灯篭などの灯りの演出があり、「灯りの美学」の概念はありました。ホテルやレストランなどで客寄せの趣向のひとつとして始まったイルミネーションですが、やがて東京・表参道のように並木全体に施すものも生まれ、現在は個人でもイルミネーションがお手軽かつリーズナブルに楽しめるようになり、「灯りのインテリア」として定着しました。人々は今も昔も変わらず、暗闇を照らす灯りに安心感と神聖なものを感じているようです。イルミネーションの人を集める事例については枚挙にいとまがなく、ラスベガスのエンターテインメイント性の強いイルミネーション、見本市の誘致に成功しているフランスの都市、リヨン、京都の秋から冬にかけての風物時夜間拝観などがあります。ラスベガスはギャンブルで有名な都市ですが、その巨大な光のアーケード「フリーモント・ストリート・エクスペリエンス」は多くの人を楽しませています。ラスベガスはもともと麻薬と売春の都市と言われていたくらい寂れていた町でしたが、この巨大アーケードは古い街の再生のために考案されたものです。LEDで敷き詰められたこのアーケードは高さにして27メートル、長さは約450メートルとなっており、アーケード型の巨大ディスプレイとなっています。夜8時になるとこのディスプレイに盛大な音響とともにエンターテインメント性あふれる映像が映し出されるという仕組みになっています。このアーケードの登場によって麻薬と売春といった街のイメージは一新され、観光客が絶え間なく訪れる街へと変貌を遂げたのです。
雪国の厳しい寒さと雪にも耐えれる耐久性に優れたコード仕様、そして防水IP67規格の連結部分、南極のマイナス80度の環境でも使用できる、さらに 積雪による雪の重みで引き起こされる断線にも耐えられるように設計されています。
※IP67とは、耐塵型(粉塵が内部に侵入しない)&水中への浸漬に対する保護(規定の圧力、時間で水中に浸漬しても 有害な影響を受けない。)
広告としてのイルミネーション 広告としてのイルミネーションは、現在ではイルミネーションサイネージという分野を確立するまで普及しました。電飾により文字や図形を形どり情報を発信するものや、商業用に店舗や空間を演出するものがあります。イルミネーションサイネージは電飾看板の意味ですが、別名をデジタルサイネージとして分類もされ、その形態は様々です。デジタル掲示板やデジタルPOPに始まり、電子ポスター、電子情報ボード、電子看板システム、電子掲示板システムなど多岐に渡ります。 構造は表示、通信制御部と記憶装置、また情報を編集するコンピューター化されており、VFDやLEDを表示装置に用いてアニメーションや文字をスクロール動作、静止します。インターフェースはインターネット、電話回線、メモリーメディアなどです。 このイルミネーションサイネージが良く設置されるのは、公共施設や映画館、アミューズメント施設、病院や空港、駅など特に人が多く集まる場所です。視覚の焦点化の原理を用いて、人々が必要な情報を素早く受け取れるよう便宜を図ったり、広告したい情報を効果的に宣伝する目的をもっています。 このイルミネーションサイネージは、人々の注目を集めるという点でその利点を発揮しています。光を持った文字で表示することにより、より明確にまた焦点を集めることができることもそうですが、情報が氾濫するような場所での空間演出という意味も発揮するのです。 例えば空港が良い例に挙げられるのではないでしょうか。空港では国内各地、世界各国から多くの人が集まる場所であり、その敷地面積は非常に大きいものです。商業目的である広告をイルミネーションかすることで、販促目的は少なからず上がるはずです。また、それ以上に人々が空港内で発信される情報を素早く読み取れるというメリットは非常に大きいものでしょう。同じ大きさの文字で発行しているイルミネーション掲示とそうでない掲示であれば、人が感じる便宜性に大きな差が生まれるのは想像できるはずです。 その他イルミネーションサイネージの利点として、印刷物での広告などと比べると、印刷物を取り換える手間が省けるという特徴から、広告内容の取り換えの頻度をこれまでよりも増やせることも挙げられます。広告のデザインや面積から一概には言い難い部分はあるかもしれませんが、少なくとも同内容の広告取り換え頻度として両者を比較したときには、そのコストメリットも出てくるはずです。
 
通常イルミネーションはクリスマスの寒い時期にのみ施工されるため、一般的なイルミネーション商品は低温に対して強くても高温に対しては弱いものばかりです。真夏の照りつける太陽の熱や太陽光により高温となった設置部分の熱により、コードの皮膜部分が溶け断線の原因となります。しかしながら、弊社のイルミネーションに対する考え方は「決してクリスマスだけのものではない」としており『オールシーズンイルミネーション』を提唱しておりますので、最高60度までの温度まで耐えれるように設計されております。
どのような環境にも耐え得る最高品質の商品を使用しての施工は、弊社にしかできないものと自負しております。
イルミネーションデザイナーとは  イルミネーションデザイナーとは、照明デザイナーうちのひとつの分野のことで、店舗や家などのイルミネーションの明かりを考えて空間をデザインする仕事です。自然光や電気などによらない灯火のみの時代には必要ない職種でしたが、照明が生活の中に定着するようになって生まれ、認知されてきているようです。そもそも照明デザイナーとは、心地よい空間を照明を通じて作り上げる職業もろもろのことを指します。室内だけでなく、高層ビルやタワー、公園などを美しくライトアップするのも照明デザイナーの仕事です。顧客の依頼に応じて観光集客効果や広告効果、ムードなどの効果など、照明に生活のための明かりという以上の意味合いを持たせるのです。  照明デザイナーとして専門の資格は無いですが、照明コンサルタント、照明士、インテリアコーディネーター、インテリアプランナー、カラーコーディネーターなどの資格を取得しておけば照明デザイナーとして仕事をするのに役に立ちます。また、照明デザイナーとして照明プランを考えたい場合は、美術系や舞台照明を勉強できる芸術系の学校で勉強すると良いです。以前はインテアリアの一部としての扱いしか受けてこなかったイルミネーションデザインのお仕事ですが、最近では専門の学校ができるくらい注目を浴びている職種です。照明デザインが学べる学校としては ライティングデザインスクール http://lighting-school.com/ フェニカ建築&デザイン専門学校 http://www.felica.ac.jp/ バンタンデザイン研究所(空間デザイン学科) http://www.vantan.com/ スペースデザインカレッジ http://www.space-design.co.jp/ 東京モード学園 http://www.mode.ac.jp/ などがあります。 地域や個人でもイルミネーションを行うことが多くなってきて、ますますホットになりつつある職業です。
 
弊社が行うイルミネーション施工には、さらに他社とは一線を画している違いがございます。弊社では、単なる装飾では終わらない集客アップへと繋がる綿密なプランニングを行っております。過去の事例データに基づき、より効果的な装飾デザインを起こします。
ただのアートな光空間を創造しても、集客(経済)効果がなければ意味がありません。美しいだけでは意味がありません。人を引き付け、人を魅了し、消費が発生し、そこに豊かさが現れなければなりません。
それに加えて、クライアント様のご要望も取り入れさせていただきます。クライアント様がご納得のいく限り打ち合わせは行わせていただきます。また、クライアント様には施工後をイメージしやすくしていただけるように、パース制作も行わせていただいております。
※パースとは...立体感や臨場感を分かりやすくするために、奥行きのある表現で描かれた見取り図、完成予定図。
 
 

このページの先頭へ戻る

プライバシーポリシー お問合せ